製菓の学校の選び方のポイント

バナー

製菓の学校の選び方のポイント

製菓学校を選ぶ上でまずポイントなのが、コースです。


製菓学校とひと口に言っても様々なタイプがありますが、その中でも複数年、通学する学校においては、1年目は共通授業で、2年目からはコースが細かく分類されていると言うところもあります。



たとえば洋菓子コース、和菓子コース、製パンコースと言った内容です。

お菓子を作ると聞くと、洋菓子、ケーキなどを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、確かに和菓子もお菓子です、種類が豊富なパンも広い意味ではお菓子に含まれることもあります。


そのため自分の希望がはっきりとしており、その希望に沿った知識や技術をより深く学びたいと言う場合には、やはり自分が希望するコースがある製菓学校を選択するのが望ましいです。

それから実習や研修がどうかと言うのも見ておきたいポイントです。
製菓においては、知識は勿論ですが、体を動かして、実際にお菓子を作ってみてわかるところと言うのが大きい分野です。
またその中で必要なことがどんなことなのか、現場で求められるのはどのような視点なのかと言ったことも、やはり現場に立ってみなければわからないことなので、製菓学校においてもやはり実習、研修に多く時間を割いているところの方が望ましいと言えます。


加えてそこに協力している人がどのような人なのか、またどんなお店が協力してくれているのかと言うのも注目です。



そして就職先としてどのようなお店や企業が挙げられているかと言うのも、見ておきたい点です。



有名店や有名企業に就職している人が多いと、それだけコネクションがあり、紹介などを受けやすいと考えることもできます。
よって絶対に働きたいお店や企業がある場合は、卒業生の就職先としてそう言ったところが挙げられているかどうかと言うのも、事前に確認しておくと良いです。