製菓の学校に通うメリット

バナー

製菓の学校に通うメリット

お菓子作りが好き、ケーキ屋さんで働きたいなど甘くて幸せな気持ちにしてくれるスイーツに関わりたいという人は多いでしょう。

見て喜ぶ人、食べて喜ぶ人、そんな人たちを見て喜ぶ作り手は非常にやりがいのある仕事だと言えます。
そんな製菓のプロを目指すのであれば製菓学校に通うことが大切です。

「今時はネットにレシピがたくさん載っているからわざわざ高い学費を出して通わなくても」と思う人もいるかもしれませんが、実は製菓というのは素人が手を出すのはとても危険な仕事でもあります。



まず理解しておくべきことは「人の体に入るものを作る仕事」だということです。

調理に比べて生ものの扱いが圧倒的に多い製菓では、扱い方を間違えれば味だけではなく衛生上の問題を発生させてしまう恐れもあるため食に対する正しい知識が必要です。



製菓学校は全国各地に存在しますが、学ぶ項目というのは製菓技術だけではなく、衛生、法律、食品、栄養など非常に様々です。
一見関係のないように思われる学科も、食を扱う上では非常に大切なものなのでお菓子作りの技術だけ磨いてもダメなのです。
製菓学校は現役のパティシエが講師として来校あるいは在中している場合があるので、プロの技だけではなく製菓に関する基礎的な部分からしっかりと学ぶことができます。

資格がなくてもケーキ屋で働くことは可能ですが、よりお客様に安心してもらうためにもきちんと学んだ上でパティシエとして働くことを優先させた方が良いでしょう。



それを考えると製菓学校は必要不可欠なものとなります。