製菓の学校でお菓子作りに大切な資格を

バナー

製菓の学校でお菓子作りに大切な資格を

お菓子のプロが持つ「製菓衛生師」の資格を製菓学校では最短一年で取得することが出来ます。

もちろん授業は座学と実習で、資格と技術を同時に勉強することになります。


未経験でも学べること、基礎から応用までの広い知識が得られること、さらに就職のサポートまで得られることが製菓学校の利点と言えます。国家試験の時には、テスト対策もできるでしょう。


勿論学校の先生はプロの専門技術を持った人ばかり。心配な事は相談して繰り返し作る事で、技術と知識を積み重ねられます。

一流シェフと呼ばれる講師の方と近い距離で学ぶ機会も普段の生活ではなかなかありませんよね。

製菓衛生師を取得することで海外で働く時の就労ビザが取得しやすくなる場合があったり、飲食店を開業する際に必要となる「食品衛生責任者」の資格を申請のみで取得することが可能です。
衛生面、栄養面、技術面が問われる試験です。



製菓衛生師の資格は、食の安全を守りながらお菓子作りが出来るという最大の証明になります。



料理に携わるなら「調理師」、お菓子に携わるなら「製菓衛生師」という大切な国家資格です。

専門学校と聞くと高校卒業から入ると思われがちですが、社会人として活躍してきた30代40代の人も実に多いのです。

そこからお菓子の世界へ再就職となりますし、何れは開業と言う夢を追って入学する人も多いでしょう。

働きながら通える夜間学部が設定されていたり、一年制、二年制と自分に合った学び方が可能です。

お菓子を食べると何とも幸せな気分になります。これはきっと作る側も同じ気持ちなんではないでしょうか。
製菓学校で大好きなお菓子を学んで、その先にある沢山の笑顔を見てみて下さい。